中国 邪教信者増が増加?! 崩壊の前触れか?

中国 宗教

中国 邪教信者増が増加?! 崩壊の前触れか?

中国政府が「邪教」に指定するキリスト教系の新興宗教「全能神」が急速に信者数を増やし、中国当局は対応に苦慮している。「強大な赤い龍(共産党のこと)」を倒して新国家を樹立することを主張する全能神は、貧富の格差拡大を背景に勢力を伸ばしており、当局が対応を誤れば大きな社会不安を招く恐れもある。

中国当局によると、全能神の信者は現在百数十万人以上おり、「組織の規制は非常に厳しく、内部管理も徹底している」という。信者は貧しい農民や農民工(出稼ぎ労働者)が多く、省レベルの指導者から県レベル、末端組織の指導者まで細分化され、安徽省(あんきしょう)や陜西省(せんせいしょう)などすくなくとも全国二十二省・直轄市に広がっている。

全能神は脱退者を厳しく処罰する専門組織をもち、入会すると抜け出すのは難しい。中国当局が「一時は二百万人を超えていた」とする邪教指定の気功集団「法輪功」よりも強い組織力があり、映像や書籍を利用した宣伝も活発だ。

さらに信者になれば金銭が支払われ、別の入会者を紹介すると「激励金」を渡すシステムを確立、信者数は急増した。中国当局の調べでは、農民工の信者らが帰郷や友人訪問などの名目で個別の家庭に入り込む形で布教するケースが多く、実態をつかむのは困難という。中国には「犯邪教(カルト)法」がなく、刑法や宗教管理条例によって新興宗教の活動を規制。しかし、取り締まるのには限界があるため、専門家は法律の制定を求めている。ただ、法律が施行されれば、中国政府・共産党に反発する宗教織組は全て邪教扱いされ徹底的に弾圧される恐れが強い。中国の憲法は「信仰宗教の自由」を保障するが、実際は国家の管理下にある宗教団体の活動しか認めていない。

中国国内に六千万人以上いるキリスト教徒の三分の二は「地下教会」で進行する非合法の信者で、取り締まりを受けている。迷信を含む様々な信仰宗教が出現する中、中国政府は格差是正や反腐敗キャンペーンを続け、国民の不満を軽減させることで、信仰宗教の活動を抑えるしか当面は打つ手がないのが現状だ。

中日新聞:国際6面

 

日本も他人ごとではない?!

世界中では様々な「教義」や「宗教」が存在する。中国のみならず、ここ日本でもそうだ。日本ではかつて「ある宗教」が社会問題となった。宗教組織を隠れ蓑にした犯罪も多々おきている。これは中国のみならず世界的な問題だと思う。今、世界にどのぐらい宗教が存在しているのかわからないが、日の当たらないアンダーグランドで活動する宗教もきっとたくさんあるに違いない。ましてや、中国は13億人という膨大な国民を抱えている。一党独裁の共産党だけでは、宗教を取り締まるなんて到底できないだろう。中国には、社会的な格差の問題・環境問題・経済的な問題など実に様々な多種多様な問題が山積みとなっている。ネットでちらりと見たのだが、共産党の幹部はもはや中国に見切りをつけ、国外に脱出済だとか・・・。日本が思っている以上に、中国の崩壊は以外に早いのかもしれない。

日本もまた、信仰宗教は悩みの種だと思う。ある種の目的のもとで集った人々は日々膨れ上がり、やがては目的を忘れ暴走していく。もちろん、全ての宗教がそうだとは言わない。しかし、宗教の歴史を学べば学ぶほど、筆者はそう感じずにはいられない。あのキリスト教ですら、中世ヨーロッパにおいては何十万人と罪のない女性を虐殺する魔女狩りをしていたのだから・・・。

 


0
views
  
        
 
WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

脳男

2013-9-8

映画 脳男 生田斗真の演技が光る!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る