Mind Path to Thalamus プレイ日記 vol.1

Mind Path to Thalamus

Steamで販売されていた「Mind Path to Thalamus」をプレイしてみました。

値段は1,300円ほどです。

「Path to Thalamus」とは視床下部(脳の一部)のネットワークという意味だと思うが・・・。

発想やひらめきを刺激するという意味にも取れそう。

「Path to Thalamus」は非常に幻想的な風景が広がっており、パズル的要素が強いゲームです。

名作「MYST(ミスト)」と似たような感じの印象も受けます。

(※MYSTが好きな人ならば買って損はしません)

アドベンチャーや神秘的な世界、パズルなどが好きな人にとっては非常にオススメの作品となっています!

 

Mind Path to Thalamusの幻想的な風景

このゲームの特徴は何と言っても非常に美しい風景ではないだろうか。

街並み、砂浜、森林、海の中、砂漠など、現実にありそうで存在しない神秘的な景色が広がっています。

ゲーム本編は、全て英語だが、セリフやキーワード等がほとんど出てきません。

英語が分からなくても支障は一切はないので安心してプレイできます。

始まり

オープニング / 突如巨大な竜巻に襲われる

 

オープンニング

最初のギミック / 球体のオブジェクトを使用してパズルを解く

 

鏡のオブジェクト

鏡を使ったギミックなども存在する

 

オープニング

まず、注意してほしいのが「ネタバレ」である。この種のゲームは正解が分かってしまうと面白くなくなります。

私はネット等で情報を見ずに、自分だけの力でパズルを解いています。

なぜなら、パズルは答えを解くまでの過程が楽しいからです。

この記事を読んで、「このゲーム面白そう」と思ったユーザーの皆さんは、是非、実際にプレイして挑戦してみてほしい。

 

ゲームを開始すると、いきなりピンチの状態から始まります。

いきなりの展開で「ええええええっ?!」とパニックに。

 

どうやなら主人公の街に巨大な竜巻が接近しているですが・・・。このままでは町は壊滅状態となり、主人公自身も危ない!

ゲームの操作は最初、チュートリアル形式で表示されます。

マウスで「方向を転換 / あたりを見回す」。下記の画像のキーで移動できるようになります。

チュートリアル

チュートリアル 「W・・・前に進む」「A・・・左」「S・・・後ろに進む」「D・・・右」

 

竜巻が近づく前にすぐ横に見える家の中に緊急避難!

しかし・・・竜巻は容赦なく家を破壊していきます(笑)

 

階段を下りて、開いている扉から家の中に入ろう。

途中、電気が消え、真っ暗闇になるが、あせら道なりに進めばゴールにたどり着けるハズです。

近くの家に避難しよう

近くの家に避難しよう

 

しばらくすると視界がぼやけ、見知らぬ地にワープします。

むやみに歩き回って、いきなり「落ちて」死にました(笑)

始めは「ぼんやり」しているが、あわてずに辺りを見回し、白い道を探そう。

ぼんやりとした視界

ぼんやりとした視界だが、あせらず道を探そう

 

とりあえず、道なりに進んでいこう。途中、線のような細い道になるが、あせらずそのまま進みます。

最後には異なる二つの出口が示されるけど・・・。

画像では少し見えにくいが、筆者は右側にある「トンネル」に入りました

左側の赤い出口はどこに通じているのだろうか・・・??

異なる二つの出口

異なる二つの出口

 

トンネルを抜けると、そこには何とも言えない美しい景色が広がっていた・・・。

ヤバイ・・・美しい!!脳汁がドバドバでました(笑)

 

砂浜のようだが、地面にはうっすら水が張っており、地上の風景を鏡のように映しだしています。

世界はかなり広いが、迷うことはないはず。絵が描かれた画用紙が主人公を導いてくれます。

この画用紙はゲームの所々に登場するようだが、どんな意味があるのだろうか?

美しい神秘的な世界が広がる

美しい神秘的な世界が広がる

 

Game Play 動画 「オープニング~崩れた神殿と鏡」

オープニングから序盤の崩れた神殿までをプレイ。

ネタバレを含むため、未プレイの人はご注意!!

 


0
views
  
        
 
WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る