祝!! 2020年オリンピック 東京五輪 に決定!!

オリンピック

困難を乗り越え「 東京五輪 」に決定!!

2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会は7日(日本時間8日)、ブエノスアイレスで行われ、開催都市に東京を選んだ。東京は決選投票でイスタンブールを破り、1964年以来2度目となる開催を決めた。

マドリードは1回目の投票でイスタンブールと同票となり、最下位を決める投票で落選した。日本での五輪は72年札幌、98年長野の冬季五輪と合わせ4度目の開催となる。

投票に先立って行われたIOC総会の最終プレゼンテーションには安倍晋三首相が出席し、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題について「東京にはいかなる悪影響も及ぼすことはない」と安全を保証。高円宮妃久子さまは、東日本大震災時の各国の支援にお礼を述べられた。

東京は85%の競技会場を選手村から半径8キロ以内に配置し、選手や関係者に負担が少ない「コンパクトな五輪」を訴えた。選手村の設計には現役選手の声を積極的に取り入れ、選手第一の姿勢を貫いてきた。6月末発表のIOC評価報告書では高度な交通網、良好な治安状態などが高く評価されていた。

招致活動では「安心、安全、確実な五輪」をアピール。経済に不安を残すマドリード、国内外に政情不安があるイスタンブールを振り切った。東京は2016年大会に続く立候補で悲願を達成した。五輪は20年7月24日~8月9日まで、パラリンピックは8月25日~9月6日まで行う計画だ。

 

引用:http://sankei.jp.msn.com/sports/130908/oth13090805200021-n1.htm (MSN 産経ニュース)

 

東京オリンピックが日本に与える影響

東京での五輪は1964年以来。過去に大会が複数回あったのはアテネ、パリ、ロンドンとロサンゼルス。

東京都は五輪開催の経済波及効果を3兆円弱、雇用誘発は15万人超と試算している。

株式市場では建設や不動産といった関連銘柄の株価が招致成功を先取りして上がっている。

大和証券の木野内栄治シニアストラテジストは8日、東京五輪は景気マインドを押し上げるうえに「アベノミクスの『第4の矢』として日本経済のデフレ脱却をより確かにする」と述べた。

国土強靭化政策に沿う形でインフラ整備が進み、観光産業も拡大すると予想。

経済効果は小さいとの見方は「誤解である」と強調した。経済効果については副次的要因を含めて7年間で150兆円と試算している。

全国で3兆円弱と試算した経済波及効果の内訳は、東京都が1兆6800億円でその他地域が1兆2900億円。

まず建設予定の競技場や選手村といった関係施設整備費として3560億円、開・閉会式などの大会運営費として3100億円、関係者や観客の消費支出とグッズやテレビ購入といった家計消費支出で5580億円を見積もり、この合計が1兆2200億円。

この投資や消費から生み出される生産増加、それを基にした所得増加、さらに消費・生産・所得という2次波及効果までを対象に経済波及効果を算出した。

計算では道路や鉄道を含むインフラ整備費は除いた。雇用誘発では東京都で8万3700人、その他で6万8500人と予想した。

 

引用:http://www.bloomberg.co.jp/123-MSOJ716JTSFD01.html (ブルームバーグ)

 

一部では「オリンピックよりも被災地を」の声

日本で開催されるのはこれで2度目のオリンピック。当初の見立てでは、日本は不利と思われていた。原発の汚染水問題に猪瀬知事の不用意な発言、韓国の熾烈な妨害工作など日本が開催するのは厳しいのではと思われていたためだ。

筆者も今回ばかりは厳しいかなと思っていた。

両都市「マドリード」や「イスタンブール」も日本に負けず劣らず魅力的な国であるからだ。しかしふたを開けてみると、結果、東京に見事決定!これほど喜ばしいことはない!

確かに、現状では福島の被災者の問題は片付いてはいない。今もなお、被災地で生活が苦しい人が大勢いるためだ。現に、一部の被災者たちからは、「オリンピックより被災地の対策を急いでほしい」との声が上がっているようだ。

これはもっともなことである。今も苦しんでいる人たちからしてみたら、2020年の平和の祭典より、自分たちの明日が見えないからだ。また、汚染水問題で政府の対策が後手後手になってしまった感もあるだろう。

日本政府は「2020年までに被災地の問題を解決する」と言い切った。その言葉を信じたいと思う。


0
views
  
        
 
WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る