謎が謎を呼ぶ! 隠れた名作 トランスワールド

トランスワールド

謎が謎を呼ぶ! 隠れた名作 トランスワールド

映画「鈴木先生」をレンタルするついでに目に止まったので、何となく借りてみた。レンタル本数は非常に少なかったので、あまり期待していなかったのだが、久々に良い映画に巡り合えた気がする。派手なCGや有名な俳優・女優などは出演しておらず、セットもごく限られた範囲でしか撮影されていない。また、舞台は鬱蒼(うっそう)と生い茂る森の中の山小屋、おそらく予算もかなり少ないパッと見B級映画だと見てすぐにわかった。

だが、この「トランスワールド (英題:Enter Nowhere)」は予算が少ないにもかかわらず、巧みなプロットで見るものを惹きつけていく。

映画冒頭では、ガラの悪い男と女が店に入り強盗を働くシーンから始まる。レジの金だけ奪って逃げるはずが、店の古びた金庫に目が止まり、女が店主の頭に銃を突きつけ「金庫の中身をよこせ!」と叫ぶ。だが、店の主人は女にむかって「金庫の中身はあなたが想像しているようなものではない・・・」と言い放つ。女はリボルバーのトリガーを握りしめ・・・・。

このシーンの直後、銃声とともに森の山小屋のシーンに移り変わる。ネタバレを防ぐ意味でも、あえて冒頭だけしかかかなかった。詳しく記事を書いてしまうと、ストーリーのオチが読めてしまうからだ。ここから先は是非、あなたの目で確かめてほしい。

余談だが、この映画「 トランスワールド 」の主人公である「スコット・イーストウッド」 は、あの名優「クリント・イーストウッド」の息子である。気になる方はチェック!

 

ストーリー

人里離れた森の中のキャビンに迷い込んだサマンサ、トム、ジョディ。寒さと飢えのため3人は協力し合い、次第に打ち解けていく。しかし、それぞれが認識している現在地や時代が全く異なることに気付き…。


0
views
  
        
 
WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ダークソウル3 竜体石の行方

2016-3-29

ダークソウル3 竜体石 の行方

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る