ウィッチャー3 ワイルドハント 金切り鳥と血まみれ男爵 プレイ日記 Vol.11

メインクエスト 金切り鳥と血まみれ男爵

前回のあらすじ

前回は「森の貴婦人たち」を攻略。

ヴェレンの湿原に住むという<森の貴婦人たち>に会うことにしたゲラルト。

だが、湿原には老女と身寄りのない子供たちだけが生活していただけだった・・・。

謎だらけの湿原の中で、珍しい種族のゴドリング<ジョニー>と出会い、<森の貴婦人たち>と接触できた。

<森の貴婦人たち>は、願いを聞き入れる代わりに、ある邪悪な存在を殺してほしいという。

<森の貴婦人たち><木の亡霊><老女>、様々な思惑が入り乱れるなか、真実と虚偽の境はますます曖昧になっていく・・。

 

 

さて、今回はメインクエスト「金切り鳥と血まみれ男爵」の攻略です。

 

シリラの痕跡を追い、クロウパーチという村にいる<血まみれ男爵>に会いに来たゲラルト。

だが、<血まみれ男爵>は話と引き換えに、ある問題を解決してほしいと依頼してきた。

時を同じくして、村の周辺で、女・子供が次々と行方不明になる怪事件が発生。

はたしてこれは人間による事件なのだろうか?

それとも、モンスターの仕業なのか?

そこには、<血まみれ男爵>の深く、悲しい闇が広がっていた・・・。

 

 

撃破した敵

 

金切り鳥

血まみれ男爵のいるクロウパーチの村の周辺に生息している飛行型のモンスター。

通称コカトリスとも呼ぶ。

動きは俊敏で、攻撃力も高い。

何より、攻撃を食らうと出血状態になり、短い時間だが、継続スリップダメージになる。

スリップダメージ中はHPがどんどん減っていくので、残りHPに注意しながら戦おう!

ちなみに、一定ダメージを与えると、超音波攻撃ソニックブームを放ってくる。

時計回りに動き、側面に回り込んで攻撃するか、イグニ(炎)の印で攻撃すると効果的。

金切り鳥

 

 

ボッチリング

血まみれ男爵の暴力のせいで、流産してしまった子供。

無残に土に埋められ、その影響で魔が赤子に憑りついたことでボッチリングが生まれたようだ。

ボッチリングはほぼ無力だが、一度ラバーキンに変身すると、手が付けられないほど凶暴になる。

イャーデン(気絶)の印が非常に有効。

ボッチリング

 

 

登場人物

 

血まみれ男爵

心に深い闇を抱えたクロウパーチの領主こと<血まみれ男爵>。

お酒に溺れ、その心の弱さから、妻と娘を失ってしまう・・・。

根はいい人なのだが、お酒が入ると人が変わったように暴力的になる。

典型的なDV夫。

血まみれ男爵

 

 

血まみれ男爵の奥方 アンナ

血まみれ男爵の奥方であり、夫のDVに耐えかねて、娘と供に家を出る。

だが、たどり着いた先の湿原で妖婆たちの罠にはまり、奴隷のように使役されるハメに・・・。

非常に不幸な境遇の女性。

娘とは離れ離れのようだ。

果たして、妖婆たちから解放される日はくるのだろうか・・・?

老婆

 

 

血まみれ男爵の娘 タマラ

血まみれ男爵の実の娘。

とある大都市に身をよせ、ひっそりと生活している。

過去のことは一切思い出したくないようで、ゲラルトの再三の説得にも関わらず、父親の元に戻るのを頑なに拒否している。

<永遠の炎>という、宗教にハマりこんでいるようだが、果たして・・・。

血まみれ男爵の娘 タマラ

 

 

祈祷師

血まみれ男爵の奥方に、魔除けをメダルを作ってあげた祈祷師。

降霊術が得意なのか、精霊を呼び出すことができるようだ。

だが、過去にある事情から父親を殺したことが判明する。

その深い心の闇が精霊を呼び寄せるのだろうか・・・?

ちなみに、ヤギのプリンセスは大のお気に入りらしい。

祈祷師

 

 

メインクエスト 金切り鳥と血まみれ男爵

シリラの情報を求めて、血まみれ男爵のいるクロウパーチの村の周辺までやってきた。

見慣れない洞窟があったので、入ってみると、そこには巨大な鳥の姿が・・・。

これは、コカトリスとかいうやつじゃ・・・

 

「名を上げるチャーーーンス!」

とばかりに、戦闘を挑むことに。

 

コカトリスは、初め巣の中にいるので、巣に向かって爆弾を投げつける必要がある。

すると、驚いて外に飛び出すので、急いで後を追え!

いさ、戦闘開始っ!!

金切り鳥

 

 

初めのうちは空を飛びまわっており、なかなか下に降りてこない。

こいつは、最初の先頭のグリフォンと同じような攻撃パターンである。

いずれ、地上に降りてくるので、その時が勝負だっ!!

避けろ!

 

 

金切り鳥はピンチになると、音波攻撃でソニックブームを放ってくる!

この時はたまたま攻撃を食らわなかった・・・。

どうなるのかは各自お試しくださいw

ソニックブーム

 

 

やっとのことで金切り鳥(コカトリス)撃破っ!

何やら卵や、討伐の証をGetした。

合成の材料かな??

コカトリス討伐

 

 

さてと、目的地のクロウパーチはすぐそこ。

コカトリスは「焼けた廃墟」にいたので、そこから町までは目と鼻の先なのです。

ファストトラベルでGo!

クロウパーチ

 

 

ここが血まみれ男爵のいるクロウパーチ。

なかなか立派な町ですな~。

ちなみに、地図を見ても分かる通り、この町は四方を川に囲まれた天然の要塞!

立派な村

 

 

町の中に入り、道なりに進むと、いきなり町の兵士が襲いかかってきた・・・。

な・・・なぜっ?!

疑問に思いつつ、こちらも応戦することに。

特に大きな盾を持った奴がやっかい。

こんな時は衝撃波の印を攻撃だっ!!

襲われる

 

 

盾男の首をはねてフィニッシュ!

頭部がぽ~んと吹っ飛んだw

ゲラルトさんは時に残酷なのでした(笑)

首をはねる

 

 

男爵に会うべくさらに奥に進むと、唯一の入り口の城門は堅く閉ざされていた・・・。

「てめぇ、来るんじゃねーーーよ」

的な悪態をつく、クロウパーチの守衛さん。

 

く・・・くそう、イグニ(炎)の印で燃やしてくれるわっ!

と攻撃したものの、ノーダメージでした(笑)

拒否

 

 

しかたないので、しぶしぶ引き返すことに・・・。

どうやら城の中には、別のルートから入れるようだ。

街をぶらついていると、ポツンと座った老人を発見!!

老人

 

 

しゃべりかけてみると、なかなか愉快なじいさん。

だが、ふてぶてしくも

「誠意を見せろ」

と、ゴロツキのような要求をしてきたのだったw

この世界の住人に心優しき人はいないのかョ(笑)

取引

 

 

一応選択しが現れ、「金を払う(15G)」「自力で見つける」のどちらかを選択することができる。

「誰が、金なんて払うかぁああああああ~!!」

と思いましたが、5秒後ぐらいには、

「15Gぐらいなら・・・・まっ、いっかw」

と、手のひらを返したように決断をした私なのでした(笑)

金次第

 

 

どうやら町に入る入口は、四方をぐるりと囲んでいる川のどこかにあるようだ。

一ヵ所だけ、おかしな場所があるので、水中に潜ってから進むことに。

隠し通路

 

 

洞窟の中にはいると、敵がいるので要注意!

猫目の霊薬を使って、進んだ方が安心だろう。

ウォーター・バグは当初は強敵だったけど、今ではもはや恐れるに足らずw

戦闘

 

 

水中には、貴重なアイテムがどっさりあるので、取り忘れの無いように注意!

エメラルドの粉とかは、商品に売りつければ、結構な高値になります(笑)

お金もうけだぁ~w

水中の宝

 

 

しばらく道なりに進むと井戸の底に到着~。

ハシゴがあるので、てくてくと登ろう。

でも、その前に~、敵との戦闘があるかもしれないので、準備を整えよっと。

井戸の底

 

 

うえに上がると、血まみれ男爵とご対面!

かなり恰幅のいいオッサンである。

にしても、貫録あるなぁ~・・・。

さすが領主さまって感じ(笑)

血まみれ男爵

 

 

なぜか、すんなりと入れてくれた領主さま。

一体何を企んでいるんだ・・・。

この世界の住人は一見、優しそうに見えて、何が裏があります。

そう、私は学習したのですっ!!

きっと、何かと引き換えに、条件を提示してくるに違いない・・・。

酒のすすめ

 

 

飲もうかとも思ったが、毒を盛られてはひとたまりもないので、ご遠慮しときます(笑)

にしても、ずいぶん立派なお屋敷だなぁ。

さぞかし名のある盟主なのだろうか??

断る

 

 

この<血まみれ男爵>はフィリップ・ストリンガーという名前らしい。

自己紹介も済み、淡々と話し始めるご領主さま。

その眼差しの奥にあるのは何なのだろうか。

嵐の前の静けさってやつか・・・。

はなし

 

 

彼のお話はやっぱりな方向へ・・・。

えぇ、そうですよね。

わかっているとも。

どうやら失踪した妻と娘のことを言っているようだ。

脅し?

 

 

何と以外、何の交換条件もなしで、領主さまがシリラの情報を少し教えてくれた・・・。

シリラは、このクロウパーチ周辺まで逃げてきたようだ。

何かに追われるように、必死に逃げるシリラ。

シリの追憶

 

 

ここからシリ編が始まる。

シリ編では、どうやら、所持品や印を使用できないようだ。

能力説明

 

 

しばらくするとオオカミが数匹あらわれた。

さっそく戦闘開始!

シリは驚異的な強さ&回復力なので、よっぽどダメージを追わない限りはゲームオーバーにはならない。

ここで、戦闘のノウハウを試してみよう!

オオカミの襲撃

 

 

シリの特徴のひとつ、高速移動!

正確には、時空を操れるらしい。

囲まれたら、すかさずダッシュで移動すれば、有利に戦えるゾ!

高速移動

 

 

子どもの頃とは違い、立派に成長したシリラ・・・。

アイシャドウがとても印象的な正統派美人です(キリッ)

魔女っ娘キーラちゃんもいいですが、シリラもまた違った魅力がありますね~。

出会い

 

 

行く途中で、木の上にいる幼女と遭遇。

何だか拍子抜けするような、おっとりタイプの女の子。

話しぶりからして、天然タイプと判断。

「なぜ、こんなとこにいるん??」

少女

 

 

彼女の話によると、家族にくち減らし(家を追い出すこと)のために、捨てられたようだ。

戦争があって、家族も疲弊していたらしい・・・。

シリラはこの女の子を守る約束をした。

こころ優しき女性に育ったんですね~。

いつの日か、シリラと共闘して戦うことがあるんだろうか・・・?

約束

 

 

また、小さな女の子の情報では、この近くには恐ろしい怪物が潜んでいるらしい。

少し進むと、木のたもとの小舟に食いちぎられた男の死体を発見!

「おぇぇええ?!」

手がもぎ取られ、内臓が引きずり出されていた・・・。

何があったんや・・・(不安)

死体の分析

 

 

どうやら、この近辺に生息する魔物は<狼の王>と呼ばれているらしい。

オオカミと言えば、・・・人狼か??

まぁ、シリラは十分強いから大丈夫だと思うけど・・・。

何だかやっぱり不安。

スタート

 

 

シリラはゲラルトとヴィセミルに鍛えられただけあって、ウィッチャーの霊薬の知識もあるようだ。

むかし勉強したことが役に立ったんだねぇ~。

長い年月がきっと彼女を経験豊富なウィッチャーにしたんだろうなぁ。

調合

 

 

何だか、洞窟らしきところに辿りついたので、中に入ると・・。

そこには、人狼と怯えきった一人の男がいた。

どうやら、コイツがこのエリアのボス<狼の王>のようだ!

何回かダメージを受けたが、シリの方が圧倒的に強いため、アッと言う間に戦闘が決着。

オオカミの王

 

 

狼の王に殺されそうになっていた、おかっぱ頭の男性。

とゆーか、この世界の男性は以上におかっぱ率が高いようなきがするのだが・・・。

この世界では、ハゲ、バーコード、おかっぱが多い。

中世ヨーロッパってこんな感じだったんだろうか??

フランシスコザビエルも確かおかっぱだったよね?

命拾い

 

 

狼の王を倒して、男性を救ったことで、屋敷に招待された二人。

シリと女の子は血まみれ男爵の家で食事をさせて貰えることに。

ものすごい勢いでガッついてます(笑)

いや~、女性がガッつく姿は魅力的ですな~。

アレ・・・?

おれ・・・シリに惹かれてる?!

魔女っ娘キーラからシリに浮気する私なのでしたw

食事

 

 

血まみれ男爵も、いいとろこあるじゃん。

彼は酒グセが悪いだけで、根はやさしい領主さまなのですw

しかし、そんな彼があんなことになるなんて・・・・。

この結末は後ほどわかります(グスン)

はからい

 

 

と、ここで領主さまによる、シリのお話は終わり。

さて、本題に入ろうか・・・・とばかりに、待ってました!

そう、やっぱり交換条件なのですw

依頼は、失踪した彼の奥方(アンナ)と娘(タマラ)を見つけること。

契約

 

 

どうやら、彼の奥方(アンナ)と娘(タマラ)を見つけ出さないと、シリの情報はこれ以上引き出せないようだ。

選択の余地は無く、ここで<血まみれ男爵>とゲラルトとの契約が成立!

湿原では人が、たびたびいなくなっているようだが・・・。

村の情報

 

 

家庭の事情のクエストの開始。

彼の奥方(アンナ)と娘(タマラ)の手掛かりを掴むため、部屋の中を見せてもらうことに。

ゲラルトの捜査能力を発揮するチャーーーンス!

家庭の事情

 

 

まずは、奥方のアンナの部屋から捜査開始。

何やら、部屋は荒らされたご様子。

柱にはキズがあり、蜀台(しょくだい)は破損し、棚は破壊されている・・・。

誰かが侵入して、奥方を連れ去ったのだろうか??

争いの痕跡

 

 

と、その時!

ワインの残り香を発見?!

どうやら、酒と何かしらの関係がありそうだ・・・・。

酒・・・・・・・。

ん??

感覚

 

 

何やら、部屋の外に痕跡が続いている様子。

どーゆーことだ??

犯人は家の中を自由に移動してるじゃねーーか?!

守衛はなにやってるんだ!!

酒・・・・、家の中を自由に移動できる人物・・・・。

んんっ?!

しかも、残り香を辿っていくと、何やら床にあるアイテムが落ちていた。

<魔除けのメダル>

妻のアンナは何かの悪霊から身を守っていたんだろうか??

ワインの匂い

 

 

これわ、領主さまなのでは・・・、と考え出した私。

この事実を領主さまに話してみると、彼はしぶしぶ話し始めた。

どうやら、二人が失踪した晩に、妻のアンナと激しく口論になったらしい。

さらに悪いことに領主さまは酒を飲んでおり、激しく暴力をふるっていたようだ・・・。

何てこったい・・・。

問い詰める

 

 

二人の唯一の手がかりは、<魔除けのメダル>のみ。

そこで、このメダルを作ったであろう人物の元を訪ねることにした。

どうやら、その人物は祈祷師をしているらしい。

彼の家の前まで行くと、数人の男たちが、何やら揉めているではないか・・・。

これまたトラブルの予感(笑)

この世界はトラブルだらけですな~。

祈祷師の家

 

 

印の力を使い、何とか連中をおっぱらったゲラルト。

家の中にいたのは、初老の祈祷師だった・・・。

それも見事なアルシンドカットっ!!

ハゲ率高しのウィッチャーワールドなのでした。

 

話しによると、<魔除けのメダル>を領主の妻のアンナに渡したのは間違いないらしい。

彼女を身を案じて渡したのだそうだ・・・。

彼女を行方を尋ねると、精霊なら分かるかもしれないとのこと。

じゃぁさっそくお願いしますっ!

プリンセス?

 

 

ところがどっこい、ヤギのプリンセスちゃんがいねーーから、やらね~と言いだした。

どうやら、心底プリンセスを愛しているご様子。

くぅ~~~、しかたあるまいっ!

今のところ、この祈祷師だけが頼り。

ヤギのプリンセスちゃんを見つけてあげることにした・・・。

ヤギの失踪

 

 

プリンセスちゃんを心底、愛している祈祷師。

まるで駄々っ子のように、プリンセスちゃんに異常なこだわりをみせます。

プリンセスちゃんを見つけるためのアイテムを祈祷師から受け取る。

どうやらヤギ専用のチャームのようだ。

<サブクエスト プリンセスの危機>の開始っ!

駄々っ子

 

 

専用チャームをチリンチリン鳴らしながら、プリンセスちゃんの痕跡を追跡~!

そこら辺中、足跡だらけ(笑)

ヤギのプリンセスちゃんは、うろうろ彷徨っているようだ。

ウィッチャーの感覚使うと、なにやら遠くからヤギの泣き声が・・・。

「あっちかぁああああ~~~?!」

待ってて~、プリンセス~~ぅ

プリンセスの追跡

 

 

声のする方向に行ってみると、そこには・・・・。

熊っ(笑い)?!

完全に騙されたw

マジかよ・・・と思いつつ、ここは倒すしかあるまいっ!

熊つぇぇええええええ~~~?!

一撃でHPをごっそり持ってかれたのでした(笑)

クマの出没

 

 

熊を倒し、いざプリンセスのもとへ。

ベルをチリンチリン鳴らし、祈祷師の家へ誘導する。

感動の祈祷師とプリンセスちゃんの再開!

よかったね!プリンセスちゃん!

これにて<サブクエスト プリンセスの危機>完了!

 

祈祷師はようやく儀式を行い、精霊に聞いてみることに。

どうやら、精霊によると<強い血の力>があれば、二人の行方がわかるらしい。

再会

 

 

ここはいったん、領主さまの元に帰ることに。

クロウパーチの村に向かうと、そこには異変がっ・・・。

か・・・、火事になっとるやん?!

どーゆーこと??

疑問に思いつつも、急いで領主さまの屋敷に向かう。

家事

 

 

近くに行くと、どうやら燃えているのは屋敷ではなく、馬小屋のようだ。

誰が火をつけたんだ・・・??

そこに、パニックに陥っている人が「また、馬小屋の中に人がいるんだ!」と言い出した。

これわ・・・助けに行けとゆーことなのか??

馬小屋のレスキュー

 

 

馬小屋から何とか数等の馬と、人を救い出したゲラルト。

小屋の中は煙だらけで、長時間いると、酸素ゲージがどんどん減っていく・・・。

迅速に救助しよう!

 

領主さまに話を聞こうとするものの、どうやら火事の原因は彼自身らしい。

相当ご乱心のようだ。

ご乱心

 

 

これには、さすがのゲラルトもブチ切れたご様子。

なんとここで、領主さまと一対一のタイマン勝負が開始っw!

これが意外に強いw?!

2発ほどヒットさせたら、防御して、反撃開始だ!

防御中心で相手の攻撃を受けた直後に、殴り返すと有利になるゾ。

殴り合い

 

 

憔悴しきった領主から、この事件の真相を聞くことに。

ことの真相はこうだ・・・。

 

ある晩、いつものように酒を飲んだ領主は、妻のアンナと口論となり、争いになった。

だが、妻のお腹には赤ちゃんがおり、妻を殴ったことで流産させてしまう。

酒グセの悪さに耐えかねた、妻のアンナと娘のタマラは二人で家出をしたようだ。

流産した赤子は、領主がどこかにひっそりと埋葬したらしい。

深い事情

 

 

だが、領主にも酒に溺れる悲しい事情があった・・・。

戦いに身を投じる日々の中で、つらい現実を忘れるために、酒に逃げたらしい。

次第に、アルコール中毒になり、些細な口論から妻と言い争うようになる。

でも、本当は心の奥底では領主は二人を愛していた。

だからこそ、二人の捜索を依頼したのであった・・・。

懺悔

 

 

一通りの事情を把握したゲラルト。

今度は、流産して埋葬した赤子の呪いを解くことに。

この赤子の<血の力>があれば、行方不明になった妻のアンナと娘のタマラを見つめられるハズだ。

自責の念に駆られる領主だが、心境は複雑なようだ・・。

後悔

 

 

赤子を埋葬したという場所に赴く二人。

だが、その時、驚愕の光景がぁ?!

どう考えても、悪魔のどくどく悪ちゃんです。

若干、宇宙人に見えなくもないですが・・・、れっきとした赤ちゃんです(呪われてるけど)。

でも、みればみるほど夢に出てきそうw

ボッチリング

 

 

ゲラルドの話によると、この赤ちゃんは<ボッチリング>といい、悲惨な境遇で死んで赤子に呪いが掛かっている状態らしい。

ちまたでは、ボッチ飯とか言われているが、シリアスな場面なので笑うに笑えない。

でも、名前じたいはファニーな感じ。

ここで、選択肢が現れる。

<怪物を攻撃する><ラバーキンに変える>

ここでは攻撃せずに、<ラバーキンに変える>を選択してみた・・・。

ボッチリングを抱いて呪いを解こうとするも、領主は異常なまでに怯えきっている。

まぁ、お気持ちは察します。

ちなみに、どちらの選択肢を選んでも結果は同じですよw

我が子

 

 

と、次の瞬間、ボッチリングが凶悪なラバーキンに変身っ!!

二足歩行になり、超絶進化をしてもーたw

ラバーキンに変身

 

 

顔なんて、もはや変化しすぎて昔の面影は全くありませんw

なんか強そう・・・、勝てるかなオレ・・・(弱気)

凶悪

 

 

いよいよボッチリング=ラバーキン戦に突入!

ここの戦闘BGMが秀逸!

こんな感じのBGMは好きです。

まぁ、そんな事はさておいて、このラバーキンが超絶に強いっ!?

攻撃するも、ダメージは180~200程度。

 

しかも、全然相手のHPが減らない・・・。

攻撃力も高く、一撃で5分の1ほど減らされる始末。

予想以上に苦戦w

3回ほどリトライするも、一向に勝てずorz

ボッチリングとの戦闘

 

 

ここで、頼れる大百科を見るか・・・。

どうやらデータによると、奴は<気絶の印>に弱いようだ!

さっそく試してみると、何と効果は絶大!!

奴が気絶し、殴り放題にw

だが、油断は禁物。

2~3度切り付けたら、回避して、再び<気絶の印>の繰り返しで、勝負することに。

気絶

 

 

うひゃひゃ楽勝やんけ~w

と思ったのも束の間、このゲームのお約束を忘れておりました(笑)

 

そう、一筋縄ではいかないので、このゲームの特徴!

何と、奴のHPが半分ほどに減った頃に、あたりに数体の幽鬼が登場?!

幽鬼とラバーキンの攻撃で一転してピンチに・・・。

 

何てこったぃぃいいぃいいい?!

幽鬼

 

 

なんとか苦労して、ボッチリング=ラバーキンを倒したゲラルト。

しかし、領主からは、強烈に罵られたのであった・・・。

だって、しかたねーーじゃん!!

元はと言えば、貴様がまいた種だろ~~~~(怒)

と、言いたいところだが、彼の心情を察して大人の対応をすることにした。

俺って大人だなぁ~(しみじみ)

怒り

 

 

さて、これでボッチリングの血が手に入った!

これを祈祷師に渡して、<ある儀式>を行えば、二人の行方が分かるらしい。

この祈祷師のじいさんも、たいがい怪しい人物だが、ここはプリンセスに免じて信じてみることに。

祈祷師再び

 

 

と、思ったのが甘かった(笑)

どうやら祈祷師の儀式はある場所で行う必要があり、それを邪魔する危険な幽鬼を退ける必要があるとのこと。

やっぱりこうなるのかw

儀式には3つのかがり火があり、その火を絶やさずに、儀式を完了させなければならない。

幽鬼は無限に湧いてくるため、戦うのは無駄。

幽鬼の攻撃をかわしつつ、火が消えた台座にイグニ(炎)の印で火をつけよう!

いかに素早く、消えた台座に火を付けるかがポイントだ!

儀式

 

 

儀式を終えて、ぐったりした初老の祈祷師。

顔面血まみれなのは、壮絶な儀式の証(笑)

ちょっぴりチャーミングなおじぃさんなのでしたw

 

肝心の精霊の予言ですが・・・、これがピタリと的中!

すげーーー、驚異の的中率~?!

 

私の未来も予言していただけますか?

いや・・・、恐ろしいのでやっぱり遠慮しときます(ガクブル)

予言

 

 

儀式の予言では、どーやら妻のアンナと娘のタマラは、ある漁師の男に接触したようだ。

さっそく、その漁師のお家に上がり込み、二人の行方を訪ねてみることに。

男性の話だと、確かに妻のアンナとは会ったようである。

 

疲れ切っていたので、介抱し、再び送り出したとのこと。

彼のその真摯な眼差しは、まさしく誠実そのものです(笑)

だって、悪党の目はどこか濁っているからね(経験談)

漁師の男

 

 

手に入れた情報を元に、再び領主さまのところへ。

ここで、彼は再びシリの情報を語り出す。

シリを迎え入れた後、どのような経緯を辿ったのだろうか・・・??

シリラの情報続き

 

 

血まみれ領主に助けられたことにより、すっかり身も心もリフレッシュできたシリ。

良かったね!シリちゃん!!

シリは、また旅立つために、馬小屋のある黒い馬がほしいとのこと。

 

だが、その黒い馬は、領主の愛馬だった。

そこで二人は、黒い馬の掛けてレースで勝負をすることに。

果たしてシリの辿る運命は如何に・・・。

シリラの回想

 

 

Next プレイ ~<クルックバック湿原の戦い再び>の巻~

血まみれ男爵の妻のアンナと娘のタマラの行方が判明した。

妻のアンナは湿原の妖婆たちに囚われており、娘のタマラは<永遠の炎>になる道を歩んでいた。

それを聞いた血まみれ男爵は、妻のアンナを救うべく、ゲラルトと伴に湿原にいる妖婆のもとへと赴く。

一方、娘のタマラも、母親の身を案じ、湿原に向かっていた・・・。

未だ、わだかまりが残る父と娘。

様々な思いが交錯する中、妻・アンナの身には<ある異変>が起こっていた。

妖婆の罠から無事に、アンナを救うことができるのだろうか・・・??

クルックバック湿原の戦い再び

 






0
views
  
        
 
WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

関連記事

コメント

    • ryo
    • 2016年 5月 11日

    一年も前の記事に申し訳ございません。
    海外在住でウィッチャー3の英語版を楽しんでおります。

    ボッチリングについてですが、バグでしょうか?
    ラバーキンは死んだ胎児の呪いを解くことで生まれ変わった家を守る守護霊で、
    ラバーキンに帰るを選ぶと、血の繋がりを持つものを守る為その後ウィッチャーを手助けして導いてくれます。

    ぼっちリングのままだと邪悪な為、戦うと強いのですが、その後しっかりと埋葬してあげることができる為、
    ラバーキンに変えてあげたいところです。

    • ウィッチャー3
    • 2016年 12月 04日

    1年以上前の記事にコメントするのもどうかと思ったのですが間違いがひどいので我慢できず書き込みます。
    まずラバーキンは悪者ではありません。
    ラバーキンに変えると精霊として力を貸してくれるようになります。
    戦闘シーンの名前のところを見ましたか?ボッチリングのままですよね?
    ちゃんとした選択肢を踏めばラバーキンへと変えられ、手助けしてくれます。
    記事内のどちらの選択肢を選んでも変わらない、ラバーキンに変わると手がつけられないほど凶暴になるというのは大きな間違いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る